美白サプリ人気ランキング

MENU

効果のある美白サプリはどんなもの?

 

美白サプリの効き目はどう?

 

シミを薄くするなどの効果を謳った医薬品や美白対策のサプリメントが出ていますが、その効果のほどは実際どうなのでしょうか。巷では、美白サプリや医薬品が人気を上げています。ここでは、なぜ美白サプリや美白医薬品に効果があるのか、どんな口コミがあるのかなどについてお話しましょう。

 

美白サプリと美白医薬品の違い

 

サプリメントはあくまで健康食品、植物や食品の栄養成分を凝縮して飲みやすくした食品です。これに対して、医薬品は明らかに身体に効果があると臨床試験でもデータが取れた薬。即効性の点でも、基本的には医薬品のほうが高いとされています。

 

しかし、美白対策の製品で考えると、サプリメントでも医薬品でも今日飲んで明日シミが消えているという即効性は期待できないでしょう。サプリでも医薬品でも、美白をかなえるにはある程度の日数が必要なのです。その意味では、最近の研究は医学でも栄養や美容分野でも非常に進んでいますから、同じくらいに期待がもてます。

 

いずれも、内面から美白をサポートしてくれるという点では共通。美白医薬品の中には、美白だけでなく疲れや肩こりなどに効果のある製品まで出ていて見逃せません。

 

口コミ人気の高さ

 

内面から美白対策をするというのは、非常に重要なことです。というのも、肌のくすみやシミに悩んでいる人の多くが、肌表面だけにトラブルを抱えているわけではないから。肌の深層部まではどんなに高級な美容液でも成分が浸透してくれないことから、内部から働きかけるのが効果的です。

 

美白サプリも美白医薬品も、今までどんな美白美容をしても駄目だったという人が喜びの口コミをしています。美白で悩んできた期間が長い人ほど、内面からのサポートに目を向けたほうがよさそうです。

 

美白に有効な成分

 

美白したい!と思ったら、まず美白化粧品に飛びつく人が多いのではないでしょうか。その考えは間違いではなく、確かに肌を透明に導いてくれる美容成分を配合した化粧品は増えてきました。その多くが医薬部外品であり、美白有効成分を含んでいます。

 

ビタミンCあるいはアスコルビン酸

 

ビタミンCは、美白有効成分として長い歴史を持っています。中には、もうビタミンCなんて古いと思っている人もいるかもしれません。

 

しかし、活性酸素を除去する効果の高さはやはり群を抜くものがあり、今ビタミンCを見直す動きも出てきています。ビタミンCは別名をアスコルビン酸といい、水溶性です。体の中で使われなかったビタミンCは、3〜4時間以内に尿や汗として排出されてしまいます。そのため、一度に大量に摂取しても意味がないといわれてきました。

 

化粧品として用いるのは別として、内面からの美白サポートとしてビタミンCをとるときには、こまめな摂取を心がけたほうがいいでしょう。ただし、最近では長時間体内に滞留するタイプのビタミンCも出てきています。

 

コラーゲンなどの保水成分

 

コラーゲンやヒアルロン酸など、肌に弾力や保水をしてくれる成分はもともと体内に備わっています。しかし年齢を重ねると共に減少してしまうため、外から補ってあげることも必要です。

 

他の美容成分にもいえることですが、吸収率を高めるためには分子を小さくすること。ナノ化の工夫がされていれば、より吸収率が高まって美白効果にも勢いがつくはずです。

更新履歴